カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

カイジ顆粒とは

カイジ(槐耳)は、中国の老齢の(エンジュ)の木にのみ成長する大変希少な茸です。

約1500年前の中国唐の時代の古書「新修本草」、文献「肘后方」「唐本草」にカイジの記録があり、 民間では、カイジきのこを煎じ、愛飲する人達がいましたが、エンジュの木自体が希少であり、 さらに老齢でなければカイジきのこが成長しないことから、入手困難となり、清の時代から記録がなくなり幻のキノコとなってしまいました。

時代は流れ、再びカイジきのこの効能に着目した中国政府は、1979年より中国衛生部(日本では厚生労働省にあたる) の指導で、大学や研究所、病院が、国家プロジェクトとして研究開発に取り組むようになり、希少なカイジきのこの菌株の特定とその培養に成功しました。

その有効成分は、ベータグルカンとは構造のことなる多糖蛋白質PS-T(カイ栓菌)であることが、解明しております。 お伝えしたいことは山ほどありますが、日本では、健康食品としてのお届けになりますので、効果効能をお知らせすることは、薬事法に触れることとなります。


大変お手数ではございますが、インターネットや書籍等にて御調べいただきますよう、お願い申し上げます。




カイジ顆粒


ページトップへ